今年度の研究発表の申し込み

【自由研究発表】一般研究発表・実践事例研究発表の申込について

自由研究発表

(1) 自由研究発表について
自由研究発表は、「A.一般研究」と「B.実践事例研究」に分かれています。発表を希望する会員は、そのいずれかに応募してください。ただし、同一報告をA,B両方で発表することはできません。

(2) 一般研究と実践事例研究
A・一般研究
 臨床教育学の研究や実践の発展に関する一般的な学術研究を募集します。
子ども理解、障碍児・者の理解・支援、教育実践、幼児教育・保育、若者自立支援、教師教育、教師の専門性、人間発達援助、教師・援助者の困難性、若手教師・援助者の自己形成、心の傷つきとケア、子ども・若者の身体、教育思想・教育実践史などの領域が、これまで報告されています。
B・実践事例研究
 学校や福祉施設、医療・援助に携わる諸機関、NPO・NGOなど、地域における一回性の教育実践や発達援助実践を、研究者と実践者が互いの立場を尊重しながら対等の関係で学びあい、新たな問いや学問研究の端緒を創発することをめざします。教育現場はもとより、心理、福祉、保育、養護、保健、療育、医療・看護、行政など、さまざまな領域の、あるいは領域を越えた発達援助実践に関わる研究を募集します。
発表経験の有無は問いませんが、場合によっては、発表形式の確認をすることがあります。

A・Bともに、申し込みされた発表内容をみて、問題領域を再編いたします。

(3) 発表時間
A.一般研究
…発表 20分、質疑応答5分、発表後に全体討論が15分となります。
※ただし、共同研究で発表者が複数の場合は、発表時間40分、質疑10分とします。
B.実践事例研究…1報告  60分(概ね、発表40分、質疑応答・討論20分)となります。
※発表者が複数の場合でも、1報告60分です。

(4) 発表申込
自由研究発表希望者(共同研究発表の場合は代表者)は、大会通信に添付の申込書、または以下のリンクからダウンロードした申込書に必要事項を記入し、郵送またはメールに添付して事務局へ提出してください。

E-mail:crohde2011@yahoo.co.jp
郵送先:〒002-8502 北海道札幌市北区あいの里5条3丁目 北海道教育大学札幌校 庄井良信研究室 行

発表申込の〆切は、7月31日(月)必着です。(※第一報の期日より延長しております)
発表を検討される場合は、2017年6月20日までに、必ず入会申込書の提出と入会費・年会費の振り込みを完了してください共同発表で連名される方も、その対象となります
※発表申込用紙のダウンロードはこちら →日本臨床教育学会第7回研究大会 自由研究発表申込用紙

(5) 発表要旨集録原稿の作成
発表申込をされた方には、発表要旨集録の原稿執筆を依頼します。様式はその際に連絡いたします。なお、下記に簡単な記載事項を載せておきますので、事前にご確認のうえ執筆作業を進めておいてください。

◆記載事項
①発表テーマ・・・発表内容を的確に表す内容で40字以内にまとめてください。
②発表者名・・・代表発表の場合は発表者の前に○をつけてください。2017年6月20日までに入会申込書が提出されていない者は、名を連ねることはできませんのでご注意ください。(非会員の方との共同発表の場合は、特にご注意ください)
③発表内容の要旨・・・発表申込をされた方へ送る案内に従って作成してください。①②を含めて、A4サイズ(1行40字×40行)で2枚以内となります。
図や表も上記の中におさめてください。
カラーでの印刷はできません。

◆送付先
メールに添付の上、事務局のメールアドレス:crohde2011@yahoo.co.jp宛てに送付してください。
※添付ファイルの名前は「第7回研究大会発表要旨(氏名)」としてください。

◆提出〆切
発表要旨集録原稿の〆切は2017年8月21日(月)必着です。
※発表申込者には、個別に原稿作成の案内を送付いたします。最終的な提出締切等につきましては、案内をご参考ください。

Copyright(c) 2012 日本臨床教育学会 All Rights Reserved.